<   2007年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
あるようで ないようなもの。
私がここ数年憧れているとあるミュージシャン。
この方の思想が見えてくる程に、自分の小ささが返ってきて
どうにかならないもんかなぁと、思う。
相対的に、みんな、自分の思想はひとつに現れているもんなんですね。うんうん。

でも少しづつ、変わってきた気もする。

もう少し、成長を見守ろうと思う。


先日いくえみ綾の漫画を久しぶりに買ってみた。
「カズン」はいまいち。
「かの人や月」「潔く柔く」の最新刊を同時に買ったら
ちょっとテーマになってるものと、最近自分が思ってたことがリンクした。
小学生か中学生くらいからずっといくえみ綾にはまっている。
ずっと10代20代みたいに思ってたけど、実は彼女もそうね。
月日は経つもんだ。
あのやるせなさはどこからくるんだろう。
漫画家ってやっぱし凄い。
チョビッコ、可愛い猫だったんだろうなぁ。
[PR]
by shibataemico | 2007-11-30 21:49
ちきしょー
くやしぃ。。。炊き込みご飯失敗。
なんだこりゃ。なめとんのか。人をコケにしとりますがな、最近の炊飯ジャーは。

しかし2合分なので悔しいので鍋で煮出してなんとかかんとか・・・。
うぅ屈辱。
こんな変な炊き方初めて・・・ちよっとトラウマです。

アニュウリズムさんの新譜を拝聴しちょります。
6曲目の「rururu-run」好き。疾走。
こういうカッコいい曲作りたいなぁ。

さて。明後日は最終レコーディングだ。
それに備え今からスタジオで「レコーディングの為の練習」です。
宅録ではぜったいしないであろう、レコ練。大事だ。
[PR]
by shibataemico | 2007-11-27 20:19
メール
このブログは結構読まれてはるらしい。
「ブログ読んでますよ」って言われたりメールがきたりするので
嬉しいので頻繁に書きますよって。
まぁ何しろ引っ越してからテレビがのうなってしもたので、
パソコン漬けの毎日やさかい。

「天然コケッコー」(2007/監督;山下敦弘 原作;くらもちふさこ)
を下高井戸シネマで観てきた。
今回は一言「面白かった」ってな感想じゃあないなぁ。
まず。大沢くん役の男の子が格好良かった。惚れ惚れ。
群青いろのひとが出ていてびっくりした。びっくりする顔だ。
「松ケ根乱射事件」同様やっぱし山下監督作品は色とか好き。
だがしかし、話の展開がようわからんかったのじゃ・・・。

映画を見終わって前を歩いていた中高生ギャルたちの
「てかさ、『愛がねぇよ』とか言った割にあの終わり方はよくわかんないんだけど〜」
「あぁ、わかるわかる〜」
ってな会話が聞こえてきたので、すかさず私も
「あぁ、わかるわかる〜!だよねだよね〜」
って入っていきそうになって・・・いや、そんな余計なことはせずに
ただ頷いていたのでした。

くらもちふさこの他の漫画は、小学生高学年or中学生くらいに
別マで読んだ記憶があるけれど、
くるりよりかキセルっぽい気がする。(京都繋がりでね)
もっともっと言うと聖千秋の漫画はキセルっぽい気がする。なんでかしらね。
レイハラカミはそんなに意識したことなかったけれど、
今回の映画音楽は好きだったなぁ。
エレクトロニカってジャンルはどうしてああいう子どもの映像に呼応するのか。
これ、音楽七不思議のうちのひとつ。
竹村延和氏もchildren viewとか言ってるし。あるんだなぁきっと。
まぁあの電子音楽の中にある暖かさ、とか、温度・空気感が
子どもが走り回ったりするのと凄いマッチするんだよなぁ。
お母さんになりああいう音楽を尚続けているグーテフォルクさんとか。
天職だよなぁ、と勝手に思う。

あぁ脱線してしまってる。まぁ別にいいや。
あ、多部未華子さんがどういう顔の人か分かりました。
(先日この話題をした方々に向けて、です)
彼女、神木くんに似てると思ってた人でした。かわいい。
[PR]
by shibataemico | 2007-11-26 22:49
日々乾燥。
冬は寒いけど、寒いからといってエアコンをつけると
とたん乾燥して体調を崩すことが多い。

今はエアコンより、単に寒さのせいでか?風邪をひいているけれども
一体どうしろというのかぁああ、と叫びたくなる。
けど叫ぶ元気も消耗しつつある。
同じ具合でも、やっぱ誰かと会って喋ってる時とひとり家で寝ている時では
全く違う。もはや同じ具合なんかではない。
というかこんな時にひとりだあーあ困ったぁというやるせなさが
風邪をひどくしている気もします。。。
まぁどうでもいいけど早く治って欲しいなぁと。

プチダノンサイズのヨーグルトが1日賞味期限切れちゃってて
えいやーの勢いで冷蔵庫に入っている2個を一気に口に入れたら
2時間後くらいにえらいことになりやした。
人にもその体調にもよるでしょうが、まぁ色々です。ダノンも。
[PR]
by shibataemico | 2007-11-24 00:38
ハッと ぎょっと
商人としての心得をすっかり忘れていた。
何やら最近ライヴ音源ばかりライブで売れてしまった気がするので
暫くライヴには「シーズン・ソングス」だけもってこうかのう。
ライブ音源は、多分2枚くらいまだ残っているはずですよ。高円寺 円盤にて購入頂けます。

何やら最近、色々転機を迎えているのだな、と改めて気づく。
気づくというより、様々な環境の変化やらくだりやらあるので
それに気づかない訳にはいかないのだ。
何かを思い切って変えるのはいいことだと思う。
これまで思い切りで後悔したことは差し当たり無いと断言出来る、はず。
人との関係に関しては後悔することも多少残るけど
本当に自分自身の行動に留まる範囲内なら、何かあってもそれは大したことなく思える。
とかまぁ色々書いてるけど
今風邪ひいて頭痛いのに、ケーキ食べたくてうずうずしている。
ナポレオン食べたい・・・
うちの地元じゃあミルフィーユを「ナポレオン」って名付けて売ってるんすよ
知ってます?
とまぁよくわからなくなってきたので
ナポレオン、乾杯。おやすみなさい。
[PR]
by shibataemico | 2007-11-22 22:37
さつまりも
間違えて打ったらなんだか可愛らしいのでタイトル修正入れず。

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(原作;本谷有希子/2007)映画。
面白かった。

さつまいもとエリンギの炊き込みご飯を作った。
めちゃめちゃ旨くて、唸ってしまった。

残りのさつまいも達は今度オレンジジュースで煮込もう。
さつまいも、自分で買ったのは今年初だなぁ。
[PR]
by shibataemico | 2007-11-20 23:21
先週は
土曜日の夜
渋谷o-nestで凄いライヴを見てきた。

元mumのクリスティン。ソロライヴ。
感激した。
彼女は音楽家です。鍵盤とディレイたっぷりの歌声だけで
シャボン玉がたくさん浮いているような景色。
そして妖艶。すっごく妖艶。
人が多すぎてつま先立ちで見るライヴは久しぶりだなぁと思った。

ナタリーさんのミニマルっぷりも楽しかった。

前座のpianaさんのサポートがテニスコーツ!の植野さんだった。
なんてことだ。

行ってよかった。

そうそう、ホームページのトップの猫を変えてみました。
一応ウィンターバージョン。まぁ白猫はいつでも冬っぽいけど。
さむさむ。
[PR]
by shibataemico | 2007-11-20 00:41
ぼそっと
昨日はモナレコードに御越しいただいた皆々様、CD買ってくれた皆様
感想をくれた皆様。ありがとうごじゃいました。また宜しくです。

最近、ぼそっと出る独り言?つぶやき?(心の中で言っているつもりが声に出てたってやつ)
それが何故か関西弁なのに驚く。
昨日は、丁度明大前のホームで電車を待っていた際
「やってやろーやんけ」(広島?)とか声に出してて、
自身驚きおののいたという顛末。
まったく意味不明。岡田あーみん読み過ぎかしら?
[PR]
by shibataemico | 2007-11-16 01:02
梅が丘までエンヤコラ〜
という訳で、初めてのギター持ちながら自転車ってやつを経験した。
結構バランスとるの難しいもんですなー。
しかも行きも帰りも迷子迷子で。
迷子の迷子の子猫ちゃん〜って歌いながら、迷いつつ帰りました。
オブラディオブラダのリズムで。

しかし、ここ最近弾き語りで突っ走ってきたけれど
本当にここ最近出来たりする新曲はどうも弾き語り向きではない気がする。
そうや、また打ち込みにもどろうじゃんけー。
てな訳で、次回作の次(何だろ。音源かな。全てが未定ですが。)は非弾き語りじゃい。
しかも前よりは物事考えられるようなってきたから、いいの作らなね。
楽しみじゃい。
「オーディオインターフェースって何者だ」って何だか吉幾三気分な夜。

とりあえず今年は弾き語りでぶっとうしてライヴしまくります。
明日。
12月は高円寺 二子新地 京都じゃい! 
[PR]
by shibataemico | 2007-11-13 22:44
里子にきました。
ホワイトちゃんです。
よろちくね。よろちくわ。

角田光代の「八日目の蝉」を読み終えるところ。
ぐんぐん読める。
c0082476_23433349.jpg

[PR]
by shibataemico | 2007-11-12 23:43