<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ぐるぐる回る2010
NYC紀行を少し中断して。。告知です。

http://www.gurugurumawaru.net/index2.htm

ぐるぐる回る2010 というフェスが、6月26日(土)に埼玉スタジアムで開催されます。
昨年&一昨年と催された「廃校フェス」の続編です

廃校フェスから引き続き主催はblunstoneの竹内さん
「in the night」のCDレーベルのオーナーでもあります

廃校フェスは二回とも出演させて頂きましたが、今回は休業中ですが(??)
ダイエットマンステージという場所のスタッフとして働きます
ビール等売ったりします

今回のフェスも、廃校フェス同様沢山のアーティストが出る訳ですが。。
私は特にLoves.が気になります
シーガルスクリーミングキスハーキスハーが好きでした
しかも日暮さん以外のメンバーがdownyだったりナンバーガールの中尾さんだったりと、、
もう私の学生時代の青春1ページみたいなバンドだな、、と思ってしまいました

出演者も然ることながら、やはり主催の竹内さんの行動力ですね
毎度毎度胸を打たれます
やろう、やりたい、と思っても中々そう実行出来るものではないですからね。。

是非、皆様奮って遊びにいらしてくださいな

イープラス等でチケット絶賛販売中です!!

先日、ぐるぐるにも出る三輪二郎さんのインストアライヴを
渋谷HMVで見てきた
私が三輪さんに初めて出会ったのは4年前の春だった
2度目に会った時、セッションライヴをすることになり
即興で演奏してもらったのがきっかけで、連絡先を交換したり
その後「シーズン・ソングス」でギターを弾いてもらったりするようになった
まぁそんな馴れ初めはともかく、三輪さんの音楽の普遍的な心地よさに酔いしれたライヴだった
三輪さんの音楽は、聴く側のコンディションに関わらず素直に入ってくるのだ
何故だか不思議だが、そういう音楽って中々出会った事がない気がする
新譜の「レモンサワー」、ソルティードッグブルースがお気に入りです

HMVでOasisのベストを視聴し目覚め、家に帰ってからライヴ盤を聴いた
[PR]
by shibataemico | 2010-06-20 22:40
NYC紀行4
4日目

段々と寝坊する余裕が出てきた
9時起床
71stまで歩き、マックで朝マックしてみた
ドリンクバーで飲み放題
ハンバーガーは然程大きくはなかったけれど、コーラカップはどでかい
そのままメトロで南下し、ニューヨークのど真ん中へ向かう

11時頃、MoMAまで到着しチケットを買って入場した
チケットがあれば一週間出入り自由なのが凄い
(帰国後に友だちから聞いた話によると、金がない、と言えばフリーで入れてくれるらしい)
そういうところも含めてなのか? 我が父はニューヨークが大好きだそうだ

という訳で、旅メモより
・ William Kentridge
「Ubu tells the truth」「Shadow Prouession」
・Okanoue Toshiko
・Paul Gauguin
・Gustav Klimit
・Umberto Boccioni
・Amedeo Modigliani

企画展でティムバートン展がぎりぎり見れた

何より、William Kentridgeを知ったのが今回の旅での大きな収穫の一つだと思う
ついついDVD付きの画集を買ってしまった
とても好きな映像、音楽、表現があった

表現という空間に触れることは実に都合が良い事だ、と最近よく思う
もっと前ならかぶりつくように貪ったその空間、場所が
今はとても丁度よく自分に入ってくるようになった
必要なものを取り入れる術が身に付いたということなんだろうな
同じなのに好きだったり嫌いだったり
嫌いなはずなのに気になって知って好きになったり
音楽も人も絵も何もかも、そうなんですよねぇと最近思ってました

MoMAから一時抜け出して、tktsという格安チケット屋に並び
ブロードウェイのチケットを購入
本当はオペラ座の怪人を観る予定だったが、当日券が売り切れていたのと
ビラ配りのお姉さんの美しさに心奪われた為、「CHICAGO」を購入した
またMoMAへ戻り、館内のカフェで特別パフェを食べた(スーパーうまい)

そして、アンバサダー劇場へ向かい、人生初のブロードウェイを観に行ってきた

、、、いやー、、感動しました。。。
あのショートのアムラさんが凄かった
艶のある歌声と踊りと、うーん、何だろう
jazzっていいな、と生まれて初めて位に思ったかもしれない
ALL THAT JAZZ

夕飯はまたもやマックに戻りましたとさ

つづく
c0082476_0503622.jpg
c0082476_0505210.jpg
c0082476_0511430.jpg
c0082476_054514.jpg
c0082476_0551149.jpg
c0082476_0553757.jpg

[PR]
by shibataemico | 2010-06-17 00:56
NYC紀行3
今も新宿タワレコにて「in the night」が試聴機入っているとの噂を耳にしました♪
もう発売から2年たったのに。。。(泣)

3日目
終日メトロポリタン美術館を堪能してきた

旅ノートにメモしたものたち
・Claude Monet
「The Path through the Ivies」「Ile any Orties near Varnon」
・Camille Pissarro
「The Young Peasant Woman」
・Paul Klee

モネの絵を初めて鑑賞した
高木正勝さんを想い出してしまった そういう色彩感覚
Met美術館が一番メモに残ってなかった(一番作品数が多いのに)
企画展でやっていた「Mourners」が良かった

タイムトラベルは楽しい メトロポリタンミュージアム

つづく
c0082476_23284186.jpg
c0082476_23291068.jpg
c0082476_23293542.jpg

[PR]
by shibataemico | 2010-06-13 23:30
NYC紀行2
2日目
朝6時前に目が覚めてしまった
初日も感じていたけれど、街のにおいが明らかに日本と違う
住人全員がペットを飼っているかのような、何とも言えない不思議なにおいがした
でも、もう2日目にはほとんどなじんでしまったようだ

ホテルから歩いて10分くらいの距離にある、通りがかりのベーグル屋で
アメリカ初めての朝食
ベーグル+クリームチーズ、コーヒー
本当に美味しかった
この時点から、いい旅になるような気配がしてきた
前日の憂鬱はどっかへ飛んでいった
そう、自由の女神へ!

メトロカード(1週間フリーのやつ)を買い、メトロで南下した
着いてすぐにチケットを買い、Miss Jersey号で女神へと向かった
アメリカ横断ウルトラクイズを想い出しつつ
アメリカ国歌を口ずさみながら、徐々に女神の島へ向かっていった
この感動ったらないのです
大してアメリカ歴史を知らないけれども、自由の象徴は厳かな佇まい
本当に来てよかったと感じれる、感想いらずの感動をもらった

その後、フェリーからマンハッタンへ戻り公園を歩いていたら
9.11の飛行機の破片が残されている場所へ辿り着いてしまった

グラウンドゼロは建設中につき見れなかったけれども
私はあの日の事をまだ覚えている

上京一年目、学校夏休み中のとある日
エレキギター買いたて、ガールズバンドを夢見ていた頃
テレビのニュースを見ていた
戦争を知らない自分が初めて戦争を知った日だ
何も行動していないし、今も何もしていないけれど
「この事件をきっかけに、生きて、邁進しなければと思った」と
知人に話したら怒られたのを覚えている
何かが起こりそうだと話したら、それは考え過ぎだよ、と言った知人もいた
時事の話なんて滅多にしないこの私が(笑)
真剣になって考えさせられた日だった

NYC行きが決まり、機内でスケジュールを立てている時も
何度もガイドでグラウンドゼロ等を見かけたにも関わらず、気に留めていなかった
けれど、自由の女神を背にして歩き始めた時から、
何故この場所へやってきたのかがよくよくわかってしまったような気がした
多分今の私がやってくるべき場所だったのだと思う

WTCのギャラリーへ行き、歴史を辿った
自由を願うメッセージをカードに書き留めながら
自身の自由な8年半を想い出していた
自由のない世界とは如何ばかりか

そのまま少しメトロに乗って、エンパイアステートビルから夕方のマンハッタンを一望した
キングコングのポストカードを買った

つづく
c0082476_19533039.jpg
c0082476_19534397.jpg

[PR]
by shibataemico | 2010-06-08 00:41
NYC紀行1
4月20日からイギリスに行く予定でいたが、キャンセルになりそうだったので
急遽NYCを思い描き、即決した
本当は最初の旅行はヨーロッパに行ってみたかったけれど、具体的な理由も無かったので
すぐに路線変更できた
古い文化云々なんて、どこ行っても所詮自分の人生よりか長い歴史が刻まれているのは確かなので。。

今回の目的は、旅行することだった
10年以上、旅行ってやつをしてなかったので
ライヴついでに観光しても、結局旅行ではないし、おまけ程度にしか考えてなかった
何より、旅行する必要がなかったのだ
場所を問わず脳内にいつも違う景色が広がっているので、、ってか
(かっこつけ)

行きの飛行機の中で大まかなスケジュールを決めてみた

1日目
JFK空港着
イエローキャブに乗ってホテルへ向かう
アメリカ在住のインド人ドライバーから20ドルくらいぼられる
まぁお陰で英語に徐々に慣れていったのでその謝礼ということで。。
でも、その後はタクシー使わずに行こうという決意が固まった

ホテルに荷物を置いた後
早速、友人から頼まれていたi Padを買いに、近くにあるアップルストアへ向かう
難なく購入
向こうのアップルストアのスタッフが使っている、購買用端末が面白かった
カードで買うと指でサインをするタイプ
(日本もそうなのかな)

雨が降っていた
近くにあるアジア料理やに行くが、甘すぎてほとんど食べれなかった

インド人ドライバーの件もあり、アンニュイ気分のまま眠る

つづく
[PR]
by shibataemico | 2010-06-07 01:09